法人カードについて知っておいた方が良いこと

■法人カードは業歴が浅いと審査がやばい!

法人カードの審査に突破したいけど、そう簡単には行かない、ということも往々にしてあるわけです。そこで注目しておきたいのが法人カードの審査にとおらない理由、というものです。事前にしっかりと知っておくことができれば、審査にも突破しやすくなります。

今回は法人カードと業歴の関係性に迫りますね。

業歴が浅い、という法人も多いと思います。実は法人カードの中には業歴が浅いと審査を難しくしてくる、というケースが極めて多くなっていきます。特に注意すべきは、企業直後です。法人カードは通りにくい、ということになるので、やはり企業直後は法人カードの作成は暫く待つ、ということがおすすめですよ。

問題は2年目以降です。法人化してから2年以上立っている場合には、審査が少し有利になり始めます。法人カードとしての評価は普通となってくる段階なので、審査に通りやすくなる、といった感覚ですね。
3年以上の業歴となってくると、法人カードの審査の評価は随分と変わってきます。審査が突破しやすくなる、といった状態になってくるわけです。
確実に利用したい法人カードがあるのであれば、3年以上の業績を携えた上で申し込みを行ってください。審査が突破できる確率が飛躍的に高まるはずです。

■法人カードの審査は会社の実態を証明しなければならない

法人カードの審査に関しては、会社の実態と言うものが極めて重要になってきます。実態を証明しなければ、良い結果が得られない、というケースもどうしても出てくるわけです。

今回は法人カードの審査と会社の実態、というものを明らかにしていきます。実際にどのような特徴があるのでしょうか。そもそもどのような実態がよくで、どのような会社の実態がよくないのでしょうか。
確認していきましょう。

会社の実態というものですが、特に注目すべきは事業内容が明確であるか、それともあやふやであるか、という部分です。事業の内容がハッキリとしていなければ、カード会社として安心してカードの発行ができない、という状況になってしまいます。
会社の実態ですが、例えば飲食業であったり不動産業であったり、クリニック経営であったり、というものがありますよね。それらの明確な事業内容があれば問題ありません。しかし、実態があやふやであり、明確化されていない、というケースは審査で随分と不利な状態になってしまうわけ。
そのまま審査を受けたとしても審査落ちしてしまう、という可能性が出てきてしまうんです。そういった状況になってしまわないようにするためにも、まずは会社の事業内容を明確化しましょう。基本的なことですが、非常に大事な部分でもあります。

■法人カードの審査と代表者の個人信用情報の関係性

法人カードの中にはすばらしいものがいくつもあります。だからこそ、是非ゲットしたい、と思うものですよね。しかし、相関単位審査が突破できるものではありません。しっかりと突破するためにも、まずはどういった条件であればカードの審査に通りやすくなるのか、ということをしっかりと把握しておくべきなのです。
今回は法人カードの審査と個人信用情報の関係に迫ります。果たして、法人カードでは誰の個人信用情報が関係してくるのでしょうか。

法人カードの場合ですが、代表者本人の個人信用情報と言うものが大きく関わってきます。もちろん。代表者本人の個人信用情報に問題があった場合には、審査落ちしてしまう可能性があるので注意して対応しなければなりませんよ。審査落ちしてしまわないようにするためにも、まずは代表者本人が他のカード利用で問題を越さないようにする、ということが大事なんです。

借入件数にも注意してください。多くのカードですでに借り入れている場合には、返済能力に疑問符がついてしまうので法人カードの審査で不利になってしまいます。最もよくないのが債務整理です。自己破産や個人再生などをおこなった経験がある方は法人カードの作成が難しくなってしまうこともありえますよ。

■法人カードの審査と事業内容の関係性

法人カードの審査は、代表者本人だけではなく、会社としての審査もあります。会社として信頼できるのか、というところをしっかりと調べ上げられてしまうわけ。仮に問題がある、と判断されてしまった場合には、審査落ちになってしまうかもしれません。法人カードは会社の経営のためにもぜひ作っておきたいところ。法人カードの審査と事業内容の関係性、と言うものはしっかりとチェックしていくべきなのです。

では、どんな事業内容のしょうか。
まずは、事業内容がハッキリとしている、ということが極めて重要になります。事業内容がはっきりとしていない場合には、審査落ちする確率が随分と高まってしまいます。そのままの状況では、大きな問題に発展してしまうかもしれません。まずは、事業を明確化しましょう。しっかりと伝えられるようにするわけです。

また、事業については安定性がある、と感じさせるものが有利になる、という理解は必要です。飲食店の場合は、少し厳しくなってしまいます。一方で、クリニックの経営や、弁護士事務所の経営、税理士事務所の経営といったものに関しては非常に高評価されます。安定して一定以上の収益がある、と判断されるわけです。法人カードの審査を定期的に受けるときは、自身の事業内容が安定しているのか、ということを考えてみましょう。

■法人カードの審査難易度は口コミでチェック!

法人カードの審査に突破するためには、まずは審査難易度を確認する、ということが重要です。法人カードを利用する時には、審査難易度というものが極めて重要になってくるわけですが、カードごとに大きく異なっています。難しいカードもあれば易しいカードもあります。まずは、自身が突破できるカードを見つけ出す、ということが重要です。

法人カードですが、審査難易度を知るためにはどうしたらいいのでしょうか。幾つかの判断基準があるのですが、今回は口コミで確認することをおすすめします。

法人カードの審査難易度を口コミでチェックする、ということですが、インターネットを利用してみましょう。インターネットであれば、たくさんの口コミサイトがあります。そこにはどういった方が審査を受け、どのような結果になったのか、ということを確認できるところもあるのです。

例えば、どういった会社を経営している方が、どのような審査を受けたのか、ということもわかることがあります。自分の会社と比較して、そのカードの審査に突破できそうであるかをシミュレーションできるわけです。

ちなみに審査難易度は年会費の額からも予測できます。年会費が低いカードであれば審査難易度は低い、と考えられますよ。

■法人カードで追加発行するカードの審査

法人カードは追加カードを発行することができます。
従業員に持たせる法人カードや、ETCカード、ガソリンカードなどです。
法人カードの発行には審査がありますが、追加カードの審査はどうなっているのでしょうか。

・従業員用法人カード
社員に持たせるために発行する法人カードです。
社員が法人カードで支払をすることにより、経費精算をしなくても良いなどのメリットが生まれます。
従業員用の追加カードは審査がありますが、それほど厳しくはありません。
従業員用の追加カード利用分は、本カードでの請求となります。
使用をする社員が支払いをするわけではないので、本カードを所有する法人に返済能力があれば問題はないのです。
追加カードを持たせる従業員がブラックだったとしても、すんなり審査は完了して発行されるでしょう。

従業員用の追加カードは、発行枚数が限定されていることがあります。
社員数に合わせた枚数を発行できる法人カードを選びましょう。

・ETCカード
ETCカードは車両がある法人には必須ではないでしょうか。
法人カードは経営者だけでなく、従業員に持たせることもできます。
ETCカードの発行にも審査があります。
なので希望通り発行できるとは限りませんが、ほぼ問題なく審査通過できるケースが多いです。
ETCカードの利用分も、本カードでの請求となります。
本カードの利用状況に問題がなければ、ETCカードはカンタンに発行できると思われます。

法人カードによりETCカードが発行できる枚数は異なります。
1枚の法人カードに対し1枚しか発行できないものが多いですが、1枚の法人カードに対し複数枚のETCカードを発行できるものもあります。
ETCカードを社員により使い分けたい、複数の車両ごとにETCカードを発行したいという場合は、何枚でも発行できる法人カードがおすめとなります。

・ガソリンカード
ガソリンスタンドでのみ使うことができるハウスカードとなります。
給油ができればクレジット機能は不要という場合におすすめです。
ガソリンカードも発行するさいには、審査が行われます。
ただこちらも本カードの利用状況が良ければ、審査に落ちるということはないでしょう。

法人カードに追加カードはどれも審査はありますが、すんなり発行できるケースが多いと思われます。
しかし不要なのに無駄に追加カードを何枚も発行するというような場合は、不審に思われ審査落ちすることがありますので注意をしてください。

■法人カードの審査には銀行口座が必要

法人カードは大いに役立つ存在です。しっかりと利用していくことで、今まで以上にビジネスがしやすい、といった環境になることも十分に考えられるわけです。法人カードを利用して、業務を効率化する、ということも大事になってきます。
そこで注目してほしいのが、法人カードを作るにあたって必須になってくる審査です。

このサイトでは法人カードを作るにあたり、審査ではどのような部分が重要になってくるのか、ということを明らかにしていきます。法人カードを利用したい、と思っている方は必見です。

■法人カードを利用するためには銀行口座が必須である!

・法人名義の銀行口座が必要である

法人名義のクレジットカードを取得する、ということは法人名銀行口座が必要である、といった特徴を持っているのです。法人口座をまだ解説していない、という方は、まずは法人口座を開設して方利用を開始する、ということが極めて重要になってくるわけです。

銀行口座に関しては、どこでなければならない、ということは基本的にありません。近年では、ネットバンクが人気となっていますが、一般的な銀行の講座で問題ありません。

ただ、お金の出し入れが比較的しやすい口座であるほうが便利です。法人カードの利用料金が高額になった時には、大きなお金を前もって入れておく必要がありますよ。

■法人カードの審査には履歴事項全部証明書が必要

法人カードではしっかりと審査を受けていく、ということが極めて重要です。審査を受けるための準備も行っておきましょう。事前にしっかりと準備しておくことでスムーズにカードの申し込みができますし、スムーズにカードの受取ができる、ということにもなるわけです。

今回は履歴事項全部証明書と言うものについてお話します。法人カードを作成する時に必要になってくるので、事前に必ず用意しておきましょう。特にすぐにでも発行してもらいたい、と思っている方はなおさらです。

■法人カードの審査で必要になってくる履歴事項全部証明書とは

・法務局へ申請して取得できるものである

少し手間がかかるので水が、法務局のほうへ申請すると、取得できる、といった特徴があります。法人カードに申し込む、という判断をした時点で取得の手続きを行う、ということが重要になってくるわけです。

ちなみに、何も法務局へ出向かなければならないわけではありません。オンラインからでも簡単に取得できる、との特徴もあるのです。

履歴事項全部証明書に関しては基本的に原本が必要になります。前もって法人カードごとの必要な書類を知らべておく、ということも必要になるので、その点も忘れないようにしてくださいね。

あわせて読みたい