法人カードの審査突破に必要なこと

■法人カードの審査に突破しやすい設立年数と黒字年数

法人カードの審査を受ける場合ですが、いくつかの基本的な情報というものに目を向ける、ということが重要になってくるのです。審査の基礎、というものを確認していきましょう。

今回は法人カードの審査と設立年数、さらに黒字年数について徹底調査してみました。会社の業歴はどのくらい必要なのでしょうか。クレジ年数はどれくらい必要なのでしょうか。チェックしていきましょう。

・会社設立から3年以上経っていると審査が有利になる
・黒字決算が2期連続以上だと審査が有利になる

会社設立から間もない場合は、やはりカード会社としても不安は拭えません。もしかしたら貸し倒れのような状態になってしまうのではないか、ということが頭をよぎってしまうわけです。
3年以上経っているということは、ある程度業績も軌道に乗っている、と考えられるわけです。会社としても軌道に乗っていると判断できる業歴なので、カード審査は比較的有利になります。

一方で、黒字決算になっていなければカードを作るのは難しい、といった現実もあります。黒字決算が2期連続だと審査が有利になる、といった特徴があるわけです。赤字続きだとカードの作成が難しいケースが多いので注意してくださいね。

■法人カードの審査に突破しやすい個人信用情報

法人カードであったとしても、個人信用情報というものは審査に大きく関わってくる、ということを知っているでしょうか。今回は、法人カードの審査と個人信用情報にはどういった関係性があるのか、ということを明らかにしていきます。

もしも会社の代表者に個人信用情報に問題がある場合には、どうなってしまうのでしょうか。

・個人信用情報に事故記録があると審査の突破は難しい

法人カードは会社のカードですが、個人も重要視されているのです。仮に、会社の代表者本人が過去に借金を返済できずに債務整理をした経験があると、その事実を元にカード作成ができなくなる、ということも考えられます。
もちろん、債務整理した情報は永遠に記載され続けるわけではありません。5年から10年程度で削除されるのですが、その期間内に法人カードに申し込んでも審査落ちになってしまう確率が極めて高くなってしまうわけです。

クレジットカードの代金の支払を滞納した経験はありませんか?
携帯電話の割賦販売等を利用して、滞納した経験がありませんか?

もしも該当してしまっている場合には、個人信用情報に問題がある、と言って間違いありません。過去に滞納経験がある方は、審査難易度が低めに設定されている法人カードに申し込みましょう。

■法人カードの審査と会社のWEBサイトの関係性

自社のホームページがあるケースと、自社のホームページがないケースがあると思います。どちらに属しているかで、法人カードの審査に大きな違いが出てくる、ということを理解しなければなりません。

今回は法人カードの審査とホームページの関係性に迫ります。

・会社のWEBサイトが有ると審査が有利になる

意外に感じるかもしれませんが、その会社のホームページがしっかりと用意されている場合には、非常に評価が高まるわけです。カード会社としては、貸し倒れリスクが高いのか、それとも低いのか、ということで審査しています。貸し倒れリスクが低い場合には、カード作成を認めてくれます。一方で、貸し倒れリスクが高い、と判断した場合には、カードの作成を断ってくるわけです。

WEBサイトが有るということは、業者としても損壊者を調べることができます。判断材料が一つ加わる、といっても過言ではありません。

会社の事業内容も把握できますし、実績も把握できます。経営状態がある程度分かる、といったメリットが有るわけです。さらに、会社の所在地や連絡先もホームページ上には明記していますよね。そういったところに関してもプラスに判断されるわけです。

会社のホームページを持っていない場合には、簡単なものでも良いので作っておく、ということも良いかもしれません。

■法人カードの審査と固定電話の関係性

法人カードの審査で関わってくる可能性があるのが電話です。カードの審査において電話というものは極めて重要です。何か会った時に直ぐに連絡がつきますよね。例えば、携帯電話だけではなく固定電話がある、ということでも印象が随分と変わってくるわけです。

今回は法人カードの審査と固定電話にはどのような関わりがあるのか、ということに迫ります。

・固定電話があると審査が圧倒的に有利である

かりに連絡先が、代表者の携帯電話しかない、といったケースだとします。カード会社としてはものすごく不安です。その電話に出てもらえなければ、返済がどうなっているのか質問することも出来ません。連絡がとれなくなってしまうことをカード会社は恐れています。

一方で固定電話があると、そこで連絡が繋がる可能性が極めて高くなるわけです。本人でなかったとしても、従業員の方が出てくれるかも知れません。家族が出るかも知れません。もちろん、本人以外からは取り立てることは出来ないのですが、それでも安心感が違います。審査が圧倒的に有利になることには違いありません。

ちなみに、カード会社によっては固定電話がない、というだけで審査落ちにしてくる例も報告されています。それだけカード審査には固定電話が重要視されているわけです。

■法人カードの審査と銀行口座の関係性

法人カードの審査には銀行口座が大きく関わっている、ということは理解しておかなければなりません。本人の銀行口座があれば良い、というのではありません。その他の口座が必要になってくる、ということを理解しなければならないのです。

今回は、法人カードの審査と銀行口座について徹底解説します。

・法人は法人の口座を持っていなければならない

個人事業主が法人カードを申し込む場合には、法人の口座を持っていなかったとしても問題はありません。しかし、法人が法人カードを申し込む場合には法人お口座を持っていなければならない、といった決まりがあるのです。
そもそも法人が法人カードを利用する時は、引き落としは法人の口座に限られるわけです。

・法人の口座開設には時間がかかるもの

法人カードに申し込む直前に口座開設を申し込めばよいだろう、と考えてしまっている方も多いかもしれません。しかし、法人の口座開設に関しては、基本的にかなりの時間がかかってしまうものなんです。
ですから、必ず申込から逆算してかなり早い時期に口座を作っておきましょう。

また、法人設立から日が浅い場合には口座開設が断れててしまうこともある、と覚えておくべきです。1年以上経っていると口座開設が出来る確率が高くなります。

■審査的におすすめの法人カード|三井住友ビジネスクラシック

審査がそれほど難しくない法人カードを知っておく、ということも大事です。今回は、審査はそれほど厳しくない、三井住友ビジネスクラシックについてお話します。実際にどのような特徴を持ったカードなのでしょうか。確認していきましょう。

・三井住友ビジネスクラシックの特徴とは

とにかく年会費が割安になっています。ビジネス系のカードに関しては、年会費が10,000円や20,000円してしまうものもあるのです。
三井住友ビジネスクラシックに関しては、基本会員が1,250円の年会費となっています。追加カード1枚の年会費は400円なので、社員分を揃えたとしても、それほど大きな経費にはなりません。安心して利用し続けられる料金設定、と言っても良いでしょう。

三井住友ビジネスクラシックは海外旅行保険もしっかりとついているのです。利用付帯となっていますが、海外旅行傷害保険は最高で2,000万円の設定となっています。安心して海外出張が出来るカード、といっても過言ではありません。

利用限度額はそれほど高くはありません。20万円から40万円となっています。少額でもあるので、使いすぎる心配がないカード、といった見方もできるわけです。小さい会社を経営している、という方には特におすすめの法人カードでしょう。

■法人カードの審査には印鑑登録証明書が必要

法人カードの審査には様々なものが必要、とされています。一般のクレジットカードの申し込みとは異なっているので、その点は注意しなければなりません。そもそも、一般的なクレジットカードに関しては、本人確認書類程度のみの提出で問題ありませんよね。しかし、法人カードともなると、そうもいきません。会社に係る書類も提出しなければならないのです。

今回は法人カードの審査に必要になってくるとされている印鑑登録証明書についてお話します。そもそも、印鑑登録証明書とはどういったものになっているのでしょうか。

■法人カードで必要になってくる印鑑登録証明書とは

・会社の代表院の登録証明書である

会社というものは、その会社の代表員と呼ばれているものがあるはずです。要は、会社の実印といえるものです。
一般的には、外枠には会社名が入り内枠には代表取締役院の役職を入れることになります。会社の登記申請を行なう法務局に行って印鑑登録をした覚えがありませんか。その書類が法人カードの審査を受ける時に必要になってくることがあるわけです。

もちろん、法務局に行って印鑑登録証明書を申請すれば発行してもらえます。法人カードの審査でなぜ必要になるのか、と思うかもしれませんが会社である証明のために用いられるわけです。なんて言ったって法人カードですからね。

■法人カードの審査には本人確認書類が必要

一般的なクレジットカードの審査には、本人確認書類、というものが必要になります。本人確認書類を提出しなければ、そもそもクレジットカードは作ることができないわけです。どこの誰であるかわからない方に対して、カードをもたせるようなことを業者も行いません。もしもどこの誰かわからない方のカードを作成してしまえば、お金を回収できなくなってしまう可能性もあるんです。

そこで注目したいのが法人カードです。法人カードは会社のカード、といったイメージがあるので本人確認書類が必要なのか、それとも必要ではないのか、といったところが非常に重要になってくるわけです。
それでは、実際にどうなっているのか調べていきましょう。

■法人カードの審査と本人確認書類の関係性

・代表者本人を確認できる書類が必要になる

会社の代表者の本人確認書類が必須、となっているのです。ですから、代表取締役の本人確認書類を用意してください。そもそも会社の代表者がカードを作ろう、としているはずなので、この点については特に困るようなことはないでしょう。

・どのような本人確認書類を用意しなければならないのか?

一般的な本人確認書類で構いません。例えば、運転免許証や保険証、パスポートといったものでも対応してもらえるのです。

■法人カードの審査に突破しやすいカード

法人カードと言っても数多くあります。実際に作ろうと思っている方も、どこの審査を受けようかで悩んでいる、というケースも多いのではありませんか。そこで注目していきたいのが、審査に突破しやすい法人カードはどれなのか、ということです。
とりあえずビジネスをスムーズにしていくためにも法人カードを早急に作りたい、ということもありますよね。どんなに望んでいるカードであったとしても、審査に落ちてしまえば意味がありません。

今回は審査に突破しやすいカードを紹介します。

■JCB法人カードがおすすめ

・スタンダードなカードでも作成可能!

JCB法人カードですが、審査に突破しやすいタイプのカードである、ということは実際に広く知られています。利用している方も多く、例えば、会社設立間もないケースでも審査に突破できた、という報告もあるほどです。ただし、ゴールドタイプのカードに関しては、審査が難しくなっている可能性もあるので、基本的にはスタンダードタイプをおすすめします。

ちなみにJCB法人カードに関しては、新規入会限定キャンペーンを実施しています。
最大で7,000円分のプレゼントを実施しているのです。各種条件があるので、キャンペーンが気になった方は公式ページで確認してみましょう。

あわせて読みたい