法人カード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を紹介します

■セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで法人カードのメリットを享受しよう

会社として、一回りも二回りも大きくなりたい、と思うのであれば、法人カードを有効活用していく、ということが極めて重要になってきます。法人カードには様々なメリットがあり、そのメリットを享受することで、よりビジネスも成功しやすくなるわけ。
今回はビジネスのお供になってくれる法人カードを一つ紹介します。法人カードを利用したいけど、どのカードが良いのか全くわからない、といった状態に陥っていた方は必見です

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめ!

セゾン系のプラチナカードであり、しかも国内ブランドにはアメリカン・エキスプレスがついている、といった状態になっているわけです。

では、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはどんなメリットが有るのでしょう。
まずは、招待制ではない、といったメリットがあります。一般的にプラチナカードは招待制なので、誰でも申し込みができるわけではありません。しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは自分でも申し込みができる、といった嬉しいメリットがあります。

年会費の半額サービスにも注目です。通常は21,600円ですが、年間200万円以上利用すると年会費が半額になりますよ。

■プラチナ系法人カードなのに年会費無料半額サービスあり

法人カードを利用したい、という方が増えています。法人カードは、支出管理が圧倒的に楽になります。さらに、経皮管理を簡略化させることも可能です。法人カードを経営のためにも利用している、という方がだんだん増えてきています。

しかし、法人カードにも様々なものがあるので、その中でどれを選んだらいいのか、ということで頭を悩ませている方もすくなくありません。そんな方におすすめしたいのが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。果たして、どのような特徴を持っているカードなのでしょう。

・年会費が半額になる嬉しいシステムあり

プラチナ系の法人カードであるにも関わらず、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに関しては年会費が半額になる、といった特徴があるのです。少しでもカードに係る経費を節約したい、と思っているのであれば、年会費をぜひ半額にしましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費を半額にするためには、カードの年間利用金額が200万円以上でなければなりません。ただし、法人カードで200万円なので、達成できる、という方はおもったよりも多いでしょう。ちなみに、年間200万円の利用を達成できたら。次年度の年会費は10,800円になります。

■プラチナ系法人カードなのにだからこそ!海外旅行傷害保険がすごい!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナ系法人カードだからこその素晴らしいサービスを有しているのです。そのサービスとは海外旅行傷害保険なんですよ、従業員や自分自身が海外へ出張する、という機会がある方も多いのではありませんか、そういった方にもおすすめしたい法人カードがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

では実際に、どのような海外旅行傷害保険になっているのでしょうか。確かめていきましょう。

・最高で1億円まで補償してくれる、素晴らしすぎる付帯保険あり!!!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスであり、しかもプラチナカードということで付帯しているサービスが素晴らしいことでも知られています。その主たるものの一つが海外旅行傷害保険なのです。海外旅行傷害保険の最高補償額は1億円です。もし何かあったとしても、その保証があれば安心でしょう。海外旅行も海外出張も怖くありません。

国内旅行傷害保険も文句なしです。最高保証額は、なんと5,000万円です。国内旅行も心置きなく楽しめるのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなのです。

■さすが最高峰法人カード|プライオリティパスあり

法人カードの中には、プライオリティパスがついているものとついていないものもあります。もちろんついている方が、空港のラウンジを利用できる、といったメリットが有るわけです。300以上の都市、100以上の国や地域で600箇所以上の空港ラウンジが利用できるわけです。そんなプライオリティパスですが、実はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはついています。

今回は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとプライオリティパスの関係についてお話します。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのプライオリティパスとは?

プライオリティパスに無料で登録できる、といったメリットがあります。通常年会費が399米ドルなので、非常にお得になることがよくわかりますよね。

空港ラウンジでは様々な飲みのモヤ新聞が利用できます。情報収集もお手の物なのです。さらに、インターネットサービスも利用できるので、出張で海外に行っている時もラウンジで様々なビジネス情報を仕入れておく、ということが出来るわけです。

ただし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのプライオリティパスに関しては、追加カード会員の方は利用できないので注意してください。

■法人カード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のポイント還元率

法人カードですが、実はポイント還元率が極めて重要、といってことを知っているでしょうか。そもそも法人カードは利用金額がかなり高額になるのです。ポイント還元率が高ければ、それだけバックしてくるものも大きくなる、というわけです。だからこそ、ポイント還元率にはなるべくこだわりましょう。

今回は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率について詳しくお話します。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。確認してみましょう。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率

使い方によっては最高で1.0%のポイント還元率となります。ポイント還元率を1.0%にしようとすると。海外の一般の店舗の利用、またはiDを利用する、という方法があります。そちらを上手く利用していけば、mかんばり良いポイント還元率でポイントが獲得できる、ということになるわけです。

ちなみに交換対象としては、アマゾンギフト券やWebMoney、さらにJTB旅行券や出光キャッシュプリカなどがあります。様々なものに交換できる、といったメリットがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはあるわけです。

■法人カード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の特典

法人カードは使い方によってはかなりお得になることもあります。しかし、上手く利用しなければ、活用できない、ということも考えられるわけです。そういった状況になってしまわないようにするためにも、有効活用する方法を考えていきましょう。

今回は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特典について確認していきます。実際にどのような特典サービスを用意してくれているのでしょうか。有効活用できる方法を探ることにもなる非常に重要なテーマですよ。

・西友・リヴィン・サニーでの割引特典あり

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードですが、そのネーミング通りにセゾンカードです。セゾンカードと言えば、5%オフでもおなじみですよね。
西友・リヴィン・サニーでの割引利用ができるわけですが、実は法人カードも対象となっているんです。毎月5日と20日には5%OFFで買い物ができるので、上記した店舗で定期的に買い物をしている、という方に適したカードでもあるのです。

・コナミスポーツクラブの特典あり

コナミスポーツクラブを利用する場合ですが、入会金や会費を支払うこと利用できる、というメリットがあります。1回毎の使用料のみで最先端のジムが堪能できるわけです。

■法人カード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の入会資格とは

様々な特典サービスがある法人カードのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードですが、問題は審査ですよね。そもそもプラチナカードなので、簡単には審査に突破できないのではないか、といった事も頭をよぎってしまうわけ。

今回は、審査難易度というわけではありませんが、入会資格について解説します。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの利用を考えている方は必見ですよ。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの入会資格について

まずは、当たり前ですが学生と未成年は利用不可、となっています。社会人であることが条件jントなっているわけです。さらに電話連絡が出来るような方でなければなりません。電話をしても出られない、という方はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを利用することは出来ないわけです。

さらにセゾンカード特油の入会資格、というものもあります。クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座を所有している、ということが条件となっているわけです。提携金融期間は多いので、それほど心配する必要はありませんよ。心配な方は公式ページで提携金融機関口はどこかを確認してみましょう。

■法人カードのメリットと言えば福利厚生サービス

ここまで法人カードを個別にチェックしてきましたが、ここからは、法人カード自体が持つメリットについて確認していきます。法人カードを利用スイル前には、まずはその全体的な特徴を知る、ということも極めて重要になってくるわけです。

では、一体どのようなメリットが有るのでしょうか。福利厚生サービスについてお話させてもらいますね。

・様々な契約施設を優待価格で利用できる

カードごとに、特定の契約施設があります。その契約施設を利用する時にカードを掲示することで、割引利用ができる、といった特徴を持っているのです。10%引きになったり20%引きになる、ということもあります。施設によっては、30%オフから50%OFFになるようなことも。
もちろん追加カードの社員も優待適用となるんですよ。だからこそ福利厚生サービスの一つに入れても問題ないわけです。

・月会費が割引になることも

例えば、スポーツジムとの契約を結んでいるカードもあります。そのカードを利用すれば、スポーツジムの月会費が割引になる、といったシステムもあります。ジムは長期的に利用することもありますよね。結果的に、ものすごい金額がお得になる、といった可能性も十分に考えられるわけです。

■法人カードのメリットと言えばポイントプログラム

法人カードのメリットとしてもう一つチェックしておきたいのがポイントです。クレジットカードを利用することになるので、方人カードもポイントが貯まるわけですが、実はその集計について注目すべきところがあるわけです。

・ポイントが圧倒的に貯まりやすい

会社の経費をカードで利用していくことになるので、利用金額が膨大になる、ということも考えられますよね。要はポイントが沢山獲得しやすい、といった条件になっています。しかも、社員が利用した分も一括してポイントが貯まるシステムとなっています。年間で数百万円お利用になる、ということも珍しくありません。仮に、1%還元であったとしても数万円分ポイントが貯まる、といった状態になるわけです。

・社員への還元をすることも可能

法人カードで貯まったポイントですが、結果的に社員へ還元する、といったことも十分に可能です。社員に還元することができれば、イメージアップにもつながりますよね。社員としても意気に感じてくれるかもしれません。

注意してほしいのが、溜まったポイントの私的利用です。そんなことをしてしまえば、経営者のイメージを損ねてしまうわけです。ポイントは社員に還元するもの、と考えて効率的なイメージアップを図りましょう。

あわせて読みたい