メリットの有る法人カードまとめ

■メリットのある法人カードならこれ!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードには様々なメリットが有る、と言われているのは事実です。しかし、どんなカードでもよいのではありません。カードによって特徴も大きく異なっているわけです。今回は、特にメリットの多い法人カードについてお話させてもらうますね。

まず取り上げさせてもらうのは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。果たしてどんな特徴のあるカードなんでしょう。

・管理リポートが利用可能

四半期管理リポートが利用できます。3ヶ月毎の利用記録を会員別や、業種別に集計できるのですビジネスに役立つ情報をすぐにでも利用できるので、今後の経費管理にも役立つことは間違いありません。注目すべき機能、と言って良いでしょう。

・出張のお供に役立ってくれる!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードですが、国内外の空港ラウンジを利用できる、といった特徴があります。本人はもちろんですが、同伴者1名に関しても無料で利用できる、と言うわけです。

また、海外出張の出発や帰国時に送迎してくれるエアポート送迎サービスの利用もできるんですよ。

旅行代金をカードで支払った場合には、海外旅行傷害保険が最高で1億円になります。カードを利用しなかった場合は、5,000万円となっています。高額の旅行保険がついてくる、という点にも大注目すべきなカード、といっても過言ではありません。

■おすすめ法人カードがこれだ!エグゼクティブ・ゴールド・フォービズ

法人カードの特徴についてお話してきましたが、次に注目すべきはおすすめタイプの法人カードです。しっかりと把握することで、より良い法人カードが選択できるようになります。法人カードは基本的にハードに利用しますよね。よりよいサービスがついているもの、オトクなもの、というものをゲットして利用していくべきなのです。

まず紹介するのはエグゼクティブ・ゴールド・フォービズです。果たして、どのような特徴を持った法人カードなのでしょうか。

・エグゼクティブ・ゴールド・フォービズの特徴とは?

年会費が無料といった特徴を持っています。法人カードではかなり珍しいタイプなので、経費を極力抑えたい、という方におすすめしたいところです。さらに年会費が無料のカードであるにも関わらず、国内旅行保険と海外旅行保険がしっかりと付帯しています。安心して利用できるタイプのクレジットカードというわけです。

利用限度額設定にも注目です。最大利用限度額は300万円に設定されているので、高額の利用に関しても問題ありません。毎月かなりの額を使う予定である、という方にもおすすめしたいタイプの法人系クレジットカードです。

ちなみに追加カードに関しては3枚まで無料となっていますよ。

■おすすめ法人カードがこれだ!アメックス・ビジネスゴールドカード

法人カードは数多くありますが、おすすめできるものというとその数は限られてきてしまいます。数が多いからこそ、選択を誤らないようにしなければなりません。法人カードとは長い付き合いになることもあります。10年間や20年間付き合っていく、ということも十分に考えられるわけです。

今回おすすめする法人カードですが、「アメックス・ビジネスゴールドカード」です。あのアメリカン・エキスプレス・カードの法人カードなのですが、実際にどのようなカードなのでしょうか。確かめてみましょう。

・アメックス・ビジネスゴールドカードの特徴とは

圧倒的なステータス性があります。アメリカン・エキスプレス・カードですし、しかもゴールドタイプとなっています。ただし、そのステータス性にはちょっとしたデメリットがあることも確か。審査が比較的厳しくなっているのです。25歳以上でなければなりません。個人信用情報もしっかりと調べられるので、問題がある場合には、審査落ちしてしまう、ということも十分に考えられるわけ。
年会費についても高めの設定となっています。26,000円となっており、追加会員年会費については12,000円となっています。

一方で流石といえるのが保険サービスです。海外旅行保険と国内旅行保険の最高補償額は最高1億円となっており、しかも自動付帯となっています。海外出張がある、という法人の利用に非常に適しているわけ。

■この法人カードもメリットが沢山!ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブカードと言えば、ステータス性が極めて高いカード、といっても過言ではありません。特に高級店で利用できるケースが多く、高額の決済もできる注目のカードブランドです。
そんなダイナースクラブカードにも法人カードはあります。

今回紹介するのは、ダイナースクラブ ビジネスカードです。メリットの多いカードでもあるので、1つずつ確認をしていきましょう。

・年会費が少し高めである

年会費に関してはさすがダイナースクラブカード、といっても過言ではありません。29,160円となっているんです。高額な年会費にも思えますが、それだけのメリットがあるのでチェックしましょう。

実は、追加カードに関しては年会費が必要ありません。要は、代表者の29,160円だけがかかってくる、というような状態になっているわけです。年会費が高いように感じるかも知れませんが、その実は、それほど高くはない、といえるわけです。

・業務の効率化がはかれる

ダイナースクラブ ビジネスカードに関しては計ソフトの「freee」を通常よりも2ヶ月お得な料金で利用できる、といったメリットがあります。会計分析レポートの自動作成もしてくれるなど、経営に大きな役割を果たしてくれるソフトを有効活用していきましょう。

■メリットの有る法人カードならJCBプラチナ法人カード

法人カードには様々なメリットがあります。そのメリットの多いカードを利用する、ということが重要になってきます。そこでチェックしておきたいのが、JCBプラチナ法人カードですい。あのJCBの法人カードであり、しかもプラチナカードとなっているんです。ステータス性は全く問題ありません。

では、どんなメリットがあるのか探ってみますね。

・プラチナ・コンシェルジュデスクを利用可能

プラチナカードなだけはあって、海外や国内のホテル予約やゴルフ場の予約、といったものもできるのです。様々なサービスの案内もしてくれるので、特に海外での利用を考えている方には心強い存在、といっても過言ではありませんよ。

・プライオリティパスの利用が可能!

世界の約700箇所の空港ラウンジを無料利用できます。世界中を飛び回ってビジネスをしている、という方には非常にありがたいサービスなんです。出発前にリラックスをして過ごしたい、と思っている方には、非常に嬉しいサービスです。

・経理業務が簡素化出来る

JCBプラチナ法人カードであれば、WEB明細を利用できます。カード利用明細の照会もできるので、どういったものにどれだけ利用しているかが明確化出来るわけ。経費削減方法を考えるきっかけになります。

■最高峰法人カード!?メリット満載の三井住友ビジネスカード プラチナカード

法人カードの中には、いくつか最高峰、と言われているカードが存在しています。もちろんメリットも最高峰なのですが、今回は三井住友ビジネスカード プラチナカードについて注目してみました。
どんな特徴のあるカードなんでしょうか。

・年会費がものすごく高い!

ビジネスカードとしてはかなり高額な部類、と言っても良いかもしれません。年会費ですが、54,000円となっているんです。それなりに儲けて会社でなければ利用するのは難しいかもしれません。もちろん、法人カードの年会費に関しては経費設定もできるのですが、やはり大きな問題がある、と言っても過言ではないわけです。

・保険サービスが心強い

三井住友ビジネスカード プラチナカードでは、海外旅行保険が自動付帯、となっているんです。さらに、旅行代金を支払っていなかったとしても、最高補償額は1億円となっているんですよ。海外でもし何かあったとしても安心なんです。

ちなみに海外旅行緊急時の「日本語緊急援助サービス」と言うものまで準備してくれています。そのサービスでは、スタッフが日本語で対応してくれます。もしも何かあったとしても。日本語でアドバイスを貰えるので、心強いですよね。

・ゴルフ大会のチケットも取得可能

国内男子ゴルフトーナメントである「三井住友VISA太平洋マスターズ」のペア観戦入場券がゲットできるチャンスもあります。

■利用しやすいのがメリット!法人カードのMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス

法人カードの中には利用しやすいタイプが有ることも事実。審査難易度が高いわけでもないので、利用できる方が比較的多い、といったメリットもあるんです。

今回はそんなクレジットカードの一つであるMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスについてお話しますね。どんな特徴があるカードなんでしょう?

・国際ブランドに注目!

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスには二つの国際ブランドが用意されています。VisaとMasterCardの2つなのですが、二つの国際ブランドは世界的に様々なところで利用できる、といった特徴を持っているわけです。加盟店も数千万店もあります、全世界で有効活用できるカードブランドが利用できる、といったメリットが有るわけ。

・ショッピング保険も付帯している

買い物をしていてもしものことがあると大変です。
そういったときにも対応してもらえるのがMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス。

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスでは、ショッピング保険がしっかりと付帯しています。仮に買い物で失敗したとしても、ある程度の金額であれば対応してもらえるわけ。年間の補償額に関しては300万円まで、となっているわけです。
仮に高額の出費になってしまったとしても十分に対応できるはずですよ。

■使いやすさ抜群の法人カード|UC法人カード ゴールドのメリット

使いやすさがメリット、といった方人カードもあります。せっかくの法人カードですが、使いにくければ意味がありませんよね。どうせなら使いやすい、利用しやすいカードを有効活用していきたいものです。

今回は、使いやすさに大きな注目が集まっているUC法人カード ゴールドのメリットについて詳しくお話します。どんな特徴があるのでしょうか?

・海外旅行保険が自動付帯している!

海外旅行保険は利用付帯ではありません。自動付帯となっているので、カードをわざわざ使わなければならない、といった事も一切ありません。安心して海外旅行や海外出張に言ってこられる、といったメリットが有るわけです。

補償額は最高で5,000万円となっています。高額の補償額となっているので、いざという時でも問題なし
カード利用がある場合には国内旅行保険も付帯してきます国内旅行保険についても最高で5,000万円の補償となっていますよ。

・空港ラウンジの利用が可能

国内の主要空港とハワイのホノルル空港のラウンジが無料で利用できる、といった特典があります。海外旅行をする時に、少しでもリラックスをしたい、と思っている方も多いのではありませんか、出張の時もしかりです。ラウンジが無料利用できる、というのは大きなメリットと言っても過言ではありません。

■電子マネーが法人カードで利用できるメリット|EX Gold for Biz M iD×QUICPay

法人カードのメリットとして、電子マネーも利用できる、といった物があります。電子マネーが利用できる、ともなれば、ほとんどの決済をカード一つで行える、ということにもなりますよね。例えば、クレジットカードが利用できない店舗であったとしても、電子マネーが利用できれば現金レスな決済ができるわけです、こんなにオトクなことはないでしょう。

今回は、電子マネーが利用できる注目の法人カードについて紹介します。その法人カードとは、EX Gold for Biz M iD×QUICPayというのですが、果たしてどのような特徴を持っているのでしょう。確認してみますね。

・iDとQUICPayが利用可能

電子マネーが二つも利用できる、といった素晴らしい特徴を持っているんです。もちろんiDの利用もQUICPayの利用についてもポイントがしっかりとついてくる、といったメリットが有るわけです。ポイント還元率は0.5%とそれほど高くはありませんが、電子マネーの利用でも確実にポイントが溜まっていく、というのは大きなメリットといえるのではありませんか。

・ポイントアップシステムあり

EX Gold for Biz M iD×QUICPayでは、年間利用金額に応じて翌1年間のステージが決まる、といった特徴を持っているのです。50万円未満お場合はボーナスはありません。一方で50万円以上の利用になると50%加算されるようになります。100万円以上の利用で70%加算。さらに200万円以上の利用で100%の加算となるわけ。なんと2倍ものポイントが獲得できるチャンスが有るわけです。

あわせて読みたい