個人事業主が法人カードに申し込むメリットとおすすめカード

■個人事業主でも法人カードは必要?

個人事業主は無理をして法人カードを発行しなくても良いのでは?と思うケースもあります。
プライベートとビジネスの支払いを分けたいのであれば、2枚のクレジットカードを使い分ければ良いと感じるでしょう。
個人のクレジットカードを複数枚持っていれば、法人カードは必要ないと思う個人事業主もいるようです。
しかし個人事業主にも、法人カードを発行するのはおすすめです。

法人カードを個人事業主におすすめする理由

・ビジネス用に堂々と使える
個人のクレジットカードは、個人で使うものへの支出にのみ使えるようになっています。
ビジネスへの支出に使うのは、クレジットカードの利用規約違反となってしまうのです。
実際にクレジットカード会社から警告を受けた個人事業主もります。
警告されても使い続けていると、クレジットカード会社のブラックリストに入ってしまうでしょう。
社内ブラックになると、もうその発行元の契約は難しくなります。
法人カードであれば、ビジネス用に使ってもそのような心配をする必要はありません。
法人カードはもともとビジネス用として発行されていますので、むしろ使ってください!と言われるくらいです。
ビジネスでクレジットカードを使うなら、堂々と使える法人カードを使うようにしましょう。

・経理の簡素化ができる
法人カードは利用明細をクラウド化し、経理ソフトに自動的に取り込まれるサービスがあります。
法人カードの利用明細書をそのまま帳簿として使うことができ、経理を簡素化できます。
個人事業主にとって、経理は煩わしいもの。
法人カードで少しでも経理に使う労力を軽減するのがおすすめです。
法人カードを使っていると、確定申告時の書類作成もしやすくなるでしょう。

・法人カードにしかないサービスがある
法人カードで付帯するのが、福利厚生サービスです。
個人事業主でもクラブオフなどを使えるようになります。
そしてホテルやレストランなどでの優待、ツアー料金の割引といったサービスもあります。
じゃらんのコーポレートサービスを使える法人カードもあります。
出張や接待などに利用したいですね。
また割引など、ビジネス用品購入時の優待などもあります。
これらは法人カードならではのサービスです。

個人事業主でも個人のクレジットカードだけでなく、法人カードを発行しておくのが良いでしょう。
ビジネスをサポートしてくれるサービスが多々あり、あって良かったと思える場面が多いはずです。

■個人事業主の法人カードでも追加カードは発行可能

法人カードは個人事業主だけでなく、従業員に発行することもできます。
追加カードを発行すれば、家業を手伝っている家族に発行することも可能です。

追加カードを発行するときにの、法人カードの選び方

・年会費
法人カードは本カードだけでなく、追加カードにも年会費が必要になります。
追加カードは本カードと同じ、本カードより低いなど、設定は法人カードにより異なりますので確認しなければなりません。
年会費を抑えたいのであれば、追加カードも年会費が低い法人カードを選びましょう。
5枚までなら年会費無料で追加カードを発行できるといった法人カードなどもおすすめです。

・発行枚数
法人カードは追加カードの発行枚数が制限されているものがあります。
追加発行できる枚数を確認しておきましょう。
個人事業主の場合それほどたくさんの追加カードは必要ないかと思いますが、中には追加カードの発行ができない法人カードもありますので気を付けてください。

・ETCカード
従業員にETCカードを持たせたい場合もあるでしょう。
ETCカードは追加カードに対し、1枚発行できるものが多いです。
年会費や発行手数料が有料ですと、発行する枚数が多いほど負担が大きくなります。
年会費・発行手数料無料のETCカードを発行できる、法人カードがおすすめです。

法人カードの追加カードは、使う人の名義となります。
個人事業主が発行した法人カードを、他人の従業員が使うことはできません。
家族であったとしても、他人名義の法人カードを使うことはできないのです。
軽い気持ちで法人カードを従業員に使わせていた!という個人事業主もいるかもしれませんが、今すぐやめておきましょう。
従業員にも法人カードを使わせたい場合は、従業員名義の追加カードを発行するしかありません。

また追加カードでも、本カードと同じようなサービスを受けることができます。
旅行保険や空港ラウンジ無料利用などの法人カードのサービスを、従業員も使えるようになるわけです。
それなら追加カードを持たせた方が良いでしょう。

法人カードの追加カードの審査は、持たせる従業員が審査されるわけではありません。
支払いは本カードでとなりますので、本カードを発行している個人事業主が審査の対象です。
もし従業員がブラックでクレジットカード審査に通りにくい人だったとしても、本カードの利用状況が問題なければ発行される可能性が高いです。
もし追加カードが発行されなかった場合は、本カードの使い方が悪い証拠です。

■個人事業主向け法人カードの種類

法人カードとひとくくりにしますが、いくつか種類があります。
機能や審査などが異なりますので、自分のケースに合った法人カードを選ぶようにしてください。

法人カードのグレードの種類

・一般クラスの法人カード
クラシックカードと言われる法人カードです。
まずはこのクラスから発行することを考えましょう。
一般クラスの法人カードは、年会費が手ごろです。
年会費無料~1,000円程度となることが多く、個人事業主が発行しやすい年会費です。
また審査も柔軟なものもあり、審査が心配な個人事業主でもおすすめ。
サービスはそれほど充実してはいませんが、ショッピングメインで使うなら問題はないでしょう。
JCB法人カード一般、ライフカードビジネスなどが、一般クラスの法人カードです。

・ゴールドクラスの法人カード
一般クラスの一つ上となるのが、ゴールドの法人カードです。
空港ラウンジの無料利用サービスが付帯するのが、ゴールドカード以上です。
また保険なども手厚くなっており、付帯する種類も増え補償金額も高くなっています。
ステータスも感じることができ、ワンランク上の法人カードが欲しい個人事業主にはおすすめです。
年会費は10,000円前後となることが多いようです。

・プラチナクラスの法人カード
ゴールドカードのさらに上を行くのが、プラチナの法人カードです。
法人カードでは最高クラスとなり、高いステータスがあります。
プライオリティパスやコンシェルジュサービスなど、プラチナクラスにならないと付帯しないサービスもあります。
年会費は3万円くらいが標準ですが、低いものなら2万円程度で持つことも可能です。
いずれは取得を目指したい法人カードです。

法人カードは審査がありますので、欲しければどんな個人事業主でも取得ができるものではありません。
プラチナクラスになると審査も厳しくなりますので、取得はカンタンではないでしょう。
おすすめなのは一般クラスから、徐々にランクを上げていく方法です。
一般クラスの法人カードで実績を積むと、ゴールドクラスの審査に良い影響を与えます。
ゴールドクラスの法人カードで実績を積むと、プラチナクラスの審査に良い影響を与えます。
場合によっては自分で申込みをする前に、ゴールドカードやプラチナカードの招待状がクレジットカード会社から届くこともあります。
招待状が届くと審査に通ったも同然ですから、上位クラスの法人カードもほぼ取得できたものと同じです。

■個人事業主が法人カードを持つメリットは?

法人カードを発行している個人事業主は多いです。
それはメリットがあるからでしょう。

法人カードのメリット

・経費の仕訳がしやすくなる
プライベートとビジネスの支出を分けることで、経費の仕訳がしやすくなります。
また従業員がいる個人事業主は、精算をする必要がなくなります。
法人カードがあれば従業員が経費を立て替えることがなくなるためです。

・経理がしやすくなる
法人カードの利用明細を、そのまま帳簿として使うことができます。
クラウド化すれば自動的に経費がソフトに入力されますので、自分で入力する手間も省けます。

・キャッシュフローが良くなる
法人カードを使うと、支払いを先延ばしすることができます。
長い法人カードだと、支払いが3か月後となる場合も。
その間資金を、別のものに回すことができます。
個人事業主の場合会社員とは違い、毎月決まった日に収入があるというわけではありません。
売上が上がっても、入金は数か月後ということもあります。
資金が足りない…というときが出てくることもあり、そんなときに支払い猶予あある法人カードがあると便利です。

・利用限度額が高い
ビジネスだとクレジットカードの利用金額が高くなることが多いです。
まとまった金額を、一気に支出しなければならないこともあります。
法人カードはそんな使い方を見越し、利用限度額が高めに設定されています。
法人カードで支払いたいのに利用限度額がいっぱいで使えない…ということが起こりにくく、個人事業主にはおすすめです。

・ポイントがたまる
法人カードは使うごとに、ポイントをためることができます。
法人カードはポイント還元率がそれほど高いものはないのですが、利用金額が高くなる傾向にあるのでポイントはたまりやすいです。
現金で支払いをするより、ポイントをがたまる方がお得です。
経費削減のために、法人カードのポイントをためているという個人事業主も少なくはありません。

・振込手数料を節約できる
個人事業主は金融機関で振込をして支払いをする…ということは多いかと思われます。
現金を使っての出金は、振込手数料が必要になってしまいます。
少額であっても何度も振込をすれば、多くの経費が必要になってしまいます。
法人カードで支払をすると、振込みをしなくてもよく振込手数料を支払わなくても済むようになります。
法人カードには、このような節約効果もあるのです。

多くのメリットがある法人カード、個人事業主にはぜひ使ってもらいたいものです。

■個人事業主向け法人カードと一般カードの違いは?

法人カードは、個人のクレジットカードと何が違うの?!と思う個人事業主のために、主な違いをあげてみます。

・発行対象が違う
個人のクレジットカードは個人向け、法人カードは法人向けとなります。
個人のクレジットカードはどんな職業や雇用形態でも、発行することができます。
法人カードが発行できるのは会社経営者や、個人事業主のみ。
会社員や公務員は申込みができなく、誰でも持つことができるわけではないのです。

・支払い方法が違う
個人のクレジットカードは一括払い、分割払い、リボルビング払い、ボーナス払いなど、支払い方法を選択することができます。
都合の良い支払い方法を選択できるのは便利です。
しかし法人カードは一括払いのみとなり、支払い方法を選択できないケースが多いです。
法人カードの場合はほとんどが一括払いが利用されるため、分割払いやリボは必要ないとするクレジットカード会社が多いためです。
ただ個人事業主向けの法人カードだと、支払い方法を選択できるものがちらほらあります。
一括払いだけでなく分割払いやリボ払いも併用したい個人事業主は、法人カードの支払方法をチェックしてみましょう。

・キャッシングが違う
個人のクレジットカードは、キャッシング枠を付けることができるのは当たり前でしょう。
ところが法人カードは、キャッシングができないものが多いのです。
法人カードでのキャッシングは、事業性資金に使うのが目的となるでしょう。
キャッシングは基本的に個人向けのサービスなので、法人カードにはキャッシングを付帯できない法人カードもあるのです。
ただ個人事業主向けだと、キャッシングを付帯させられる法人カードもあります。
現金が多少足りない時、海外出張で現金を引き出したいときなどは、キャッシングができる法人カードがあると便利でしょう。

・決済口座が使う
クレジットカードの支払は、金融機関の指定口座から自動引落となります。
個人のクレジットカードは個人名義の口座を使用しますが、法人カードでは法人口座を決済口座とします。
法人口座がないと発行不可となってしまう法人カードもあります。
法人口座を持つことが、法人カードを利用するカギともなるかもしれません。
ただ個人事業主向けの法人カードは、個人の口座を使用することもできます。
個人事業主が法人口座を開設するのはカンタンではありませんので、個人の口座を使えることにホッとしたかたも多いのではないでしょうか。

あわせて読みたい