法人カードについてとにかく書き連ねてみます

このブログでは法人カードについて様々な内容を紹介してきましたが、まだまだ語り尽くせないことがあります。そこでここではある意味自分のメモ代わりとして、法人カードについて思いつく限りの内容を書き連ねていこうと思います。断片的な内容になってしまうかもしれませんが、ぜひお読みください(笑)

■ポイントの貯まる法人カードの魅力

ポイントが貯まる法人カードが増えてきましたね。個人のポイントカードであれば何かと気にするポイント還元率ですが、法人カードではいまいちその魅力が伝わっていないような気がします。法人カードでポイントが貯まることにはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。その魅力を十分にご紹介していきたいと思います。

・年会費が相殺できる
法人カードの難点としては年会費が無料のものがほとんど存在していないことです。ですが、経費の削減の為には導入せざるを得ないし必要経費として割り切っている経営者の方や経理担当者の方も少なくはないと思います。ですが、こういった難点もポイントが還元される法人カードであれば変わってきます。法人カードは一般的には個人で使用するクレジットカードよりも大きい金額を決算します。そのためたとえポイントの還元率が少なかったとしても馬鹿にはならないほどのポイントが還元されていたりします。ポイントが還元されることによって法人カードを実質無料で使用できたり、仮に年会費分は還元されなくと実質的に安い年会費で維持できるという魅力があります。この実質的にという観点に着目せずに魅力が感じられていない方が多いように見受けられます。

・ポイントをまとめて使用できる
法人カードの魅力として個人で使うクレジットカードではあまり提供されていないものがあります。それは複数の法人カードで貯めたポイントを担当者がまとめて使用できるということです。個人の持つクレジットカードであっても家族カードであればポイントをまとめて使用できることもあるとは思います。ですが、家族以外の人とのポイントはまとめられないのが普通でしょう。しかし法人カードであれば一つの会社というくくりで貯まったポイントをひとまとめにして活用することが出来るのです。社員個人が貯めることの出来るポイントは少なくとも、まとめて利用できることによって大きな経費削減につなげたり高価な品物との交換などを実現することが出来ます。ここは大きな魅力となりますので、法人カードの利用者が多くなる場合にはなおさら気をつけておきたいい部分でしょう。

法人カードは利用者目線ではあまりポイントの魅力を感じられないかもしれません。逆に経営者の目線からすると高額決算が続けば会社に大きな影響を与えることを認識しなければなりません。ポイントの付く法人カードの魅力をいまいちど認識しておきましょう。

■個人事業主向け ポイント活用できる法人カード

個人事業主は個人的にはクレジットカードを発行しにくいとされていますが、個人事業主でも発行が可能な法人カードを発行すれば比較的審査にも通りやすいといわれています。法人カードを発行することによって経理が簡単になるだけではなく、ポイントの還元といった部分でも優遇がされています。完全に法人として法人カードを作った際には貯まったポイントも会社のものとして扱うことが基本ですが、個人事業主向けの法人カードであればクレジットカードに記載される名前も個人名のことが多く自分でポイントの管理がしやすいなどの利点があります。また別の視点から考えたとき、個人事業主としてはなかなか作成まで手が回らないビジネスレポートの作成を代行してくれることもあります。自分の事業においてどこにどの程度のお金が必要とされているのかを可視化してくれるのは嬉しいサービスですね。

そんな個人事業主でも作れてポイントの貯まる法人カードといえばまず代表的な存在としてアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード が挙げられます。名前からしてその格の高さが現れているこちらの法人カードですが、意外にもアメリカン・エキスプレスは個人事業主に対しても法人カードを発行してくれることで知られています。アメリカン・エキスプレスのサービスはもちろんのこと、安定したポイント還元は他社には無い独特な商品やサービスに交換ができるため人気が高いです。特に個人事業主の場合はポイントの扱いが法的にも会社的にも決まっていませんので、経費の削減のためにポイントを活用しても自分の余暇のために様々なあるアメリカン・エキスプレスのサービスに交換しても良いでしょう。
もう一つ個人事業主のかたにおすすめしておきたい法人カードは、オリコ EX Gold for Bizです。こちらの法人カードは年会費2000円という格安設定に加えて個人事業主向けの審査基準も準備されているという優秀法人カードです。電子マネーの内蔵にも対応しており、個人事業主として買い物する小さなものからクレジットカードが必須となるような大きな買い物まで幅広くポイントを貯めることが可能な一枚です。

個人事業主の方は作れる法人カードにある程度は限りが出てしまいます。今回は個人事業主の中でも従業員は数人で、社員へのカードの付与などもしない前提でポイントが上手く活用できる法人カードを紹介しました。

■ポイントを交換する手間の省ける法人カードがあるんです

法人カードにポイントが貯まってもそれを交換したり活用するのが手間という方も居るとは思います。そんなあなたにおすすめの自分でポイントの交換をせずとも、自動的にポイント分をキャッシュバックしてくれる便利な法人カードが存在しているのです。ついついポイント交換を忘れてしまう方や、ポイントを金券などには交換せずキャッシュバックや支払いに充填してほしいという希望をお持ちの方にはぴったりの法人カードがこの一枚です。

・あなたにおすすめJCBビジネスプラス
JCBが発行しているプロパーカードとして高い性能を持つ法人カードながらポイント分を自動的にキャッシュバックしてくれるという優秀カードです。キャッシュバックされる割合は利用額に応じて変更される仕様とはなっていますが、最大の還元率は3%にもなるなど経営者には嬉しい割合となっています。利用額の大きさによっては、ポイントを貯める形式のJCB法人カードよりも節約できる金額は大きくなるという優れものでもあります。またそれほどまでのポイントを貯めていたとしても、それらのポイントを消費していくにはそれなりの支出が必要となります。ポイントがどんどん貯まっているのに使い道が決まらないという状況よりかは、ポイント還元分にあたる金額をどんどんと自動でキャッシュバックしてくれるほうが嬉しいですよね。

・様々な特徴
JCBビジネスカードは最大還元率が3%でありながら年会費は初年度無料であったり、会社としては嬉しいETCカードの発行も無料で無制限であるなど法人カードとし金銭面では高機能となっています。しかしながら、与信枠の状況について情報収集してみると法人カードにしては思ったよりも枠が大きくなく超高額決算をする企業には少し足りないという声も聞かれています。これに関してはあまりに多く使用されるとポイント分のキャッシュバック金額が大きくなりすぎるということにも関わっているのかもしれません。ただ、比較的審査は通りやすく維持費も少ないので個人事業主やETCカードを多く必要とする企業の方には便利な法人カードとなっています。

ポイントは何かと交換するのが面倒であったり、交換する対象を考える必要があるため手間が生じてしまいます。JCBビジネスカードのように自動的にキャッシュバックとしてくれる法人カードであればこれらの手間からも離れられます。通常のポイントが貯まるタイプの法人カードとどちらが良いかはよく検討してみましょう。

■法人カードの審査と法人設立直後

法人カードの審査と大きく関わっているのが、法人設立直後というものです。設立してからの期間が短すぎると、法人カードの審査に落ちてしまいやすくなります。それだけ設立年数がどれくらいであるのか、ということが重要になっているわけです。

今回は、法人カードと会社設立年数の関係性に迫ります。

■法人カードはどの程度の会社設立年数があると審査が優位に進むのか?

・3年間以上の業歴があると良い

要は、3年未満の業歴しかないと、審査に落ちてしまう確率が高くなる、といった残念な特徴を持っているわけです。なるべく会社の設立から3年以上経ってから申し込みを行う、ということが重要になってきます。

ただし、安心してほしいのが、3年未満だからといって法人カードが作れないわけではない、というものです。3年未満であったとしても、法人カードが作れるチャンスはいくらでもあります。カード選択を誤らなければよいのです。

ちなみにカードのグレードというものが極めて重要になります。スタンダードタイプのカードであれば問題ありませんが、ゴールドタイプのカードであると審査が比較的難しくなってしまうかもしれません。なるべく上級カードではないものから申し込みを行っていきましょう。

■年会費にメリットの有る法人カード|ライフカードゴールドビジネス

ライフカードは審査な二度が比較的低く、取得しやすいクレジットカードとして知られています。そのライフカードにもゴールドカードタイプの法人カードがあります。
今回は、そのライフカードゴールドビジネスについて詳しくお話させてもらいますね。果たしてどんな特徴があるのでしょうか。確認していきます。

・年会費が低くなっている

ライフカードゴールドビジネスの最大のメリットと言っても良いのが年会費が低い、という部分です。初年度年会費に関しては無料の設定となっています。2年目以降の年会費に関しては2,160円の設定となっています。超低価格路線となっているわけ。
これなら安心して申し込みができますよね。
さすがライフカードです。

・低価格カードだけどラウンジの利用も可能

年会費が低いので、サービスに問題があるのでは、と思っている方も多いでしょう。しかし、それほど大きな心配はありません。ライフカードゴールド限定の空港ラウンジサービスもあるんです。国内の主要な26空港の34ラウンジが無料で利用できる、といった特徴を持っています。出発前にリラックスタイムを満喫できますよ。

・海外旅行傷害保険も自動付帯

最大2,000万円となっていますが、海外旅行傷害保険が自動で付帯してきます。旅行代金を支払う必要もありません。

■法人カードとETCカードの関係性

法人カードを利用する時に注目をしてほしいのがETCカードです。ETCカードに関しては、実は、法人カードで特に役立つこともあるんですよ。営業者などはがあり、自動車で遠方まで営業に行く、という方も多いのではありませんか。

今回は、法人カードとETCカードの関係性に迫ります。実際にどのような特徴があるのでしょうか。

・高速道路の利用がしやすくなる

ETCカードを持っていないと、わざわざ料金所でお金を支払わなければなりません。1分1秒が大切、という方も多いのではありませんか。スムーズな高速道路の利用をしたい、という方は、やはりETCカードを有効活用していくべきなのです。

・高速道路料金が割引になることも

区間や時間帯にもよるのですが、ETCで高速道路を利用すると、料金が安くなる、ということがあるんです。20%引きや30%引き、さらには50%引きになるようなこともあるんですよ。高速道路料金の支払いをお得にしたい、と感じている方はぜひETCカードを利用すべきです。

・ポイントがゲットできる

ETCカードに関してもクレジットカードを利用しているのと同じことです。ですから、利用した金額分のポイントが貰える、といったメリットがあります。1%還元タイプのカードであれば、ETCの利用料金に関しても1%還元で利用できる、ということに。

法人カードでETCカードが発行できるものは、積極的に利用していきましょう。

あわせて読みたい