法人カードは個人事業主でも要チェック!

■個人事業主にも法人カードはおすすめ

法人カードとは、法人向けに発行されるクレジットカードのことです。
個人のクレジットカードほど種類は少ないのですが、法人カードの種類も増えているようです。

個人向けのクレジットカードはあくまでも個人的な支払いに使うものとして発行されており、ビジネスの経費に使うことは歓迎されていません。
なので明らかにビジネスの支払いと思われるものに高額使用をしていると、クレジットカード会社からおとがめを受けることもあります。
それならば法人カードで、堂々と支払いをした方が良いでしょう。

そしてビジネスにはクレジットカードがあった方が便利です。
クレジットカードだと、支払いを後伸ばしにするこもできキャッシュフローを良くできます。
また利用明細書を、そのまま帳簿代わりにすることもできます。
個人のクレジットカードで経費を支払っていると、プライベートとビジネスの出費を分けにくくなります。
経理の時にどちらかわからなくなってしまうこともあるでしょう。
個人のクレジットカードと法人カードを使い分けると、そのようなことはなくなります。
個人事業主でも、法人カードはあった方が良いでしょう。

法人カードは法人の規模にかかわらず、発行することができます。
個人事業主向けの法人カードもあり、経費の支払いにはおすすめです。

法人カードの種類

・コーポレートカード
大企業向けに発行されている法人カードです。
従業員向けの追加カードの発行枚数制限がないなどの特徴があります。
クレジットカード会社と直接交渉して発行する法人カードもあります。

・ビジネスカード
中小企業や個人事業主向けに発行されている法人カードです。
インターネットで申込みができるなど、比較的簡単に手に入れることができます。
法人カードの発行は複雑で面倒くさそう…と敬遠する個人事業主もいるのですが、近年は個人のクレジットカードと申込方法は同じようになっています。

クレジットカード会社によって呼び方が異なることがありますが、法人カードは一般的に上記のように分けられているようです。
法人と個人事業主どちらも発行対象となる法人カードもありますが、どちらかに限定されていることもあります。
個人事業主が発行できない法人カードもありますので、申込基準を確認して比較検討してください。

こちらでは個人事業主によくある、法人カードについての質問と回答を集めてみました。
法人カードに対しての疑問を解決しすっきりしてから、申込みをしてください。

■個人事業主の法人カードでのポイントがたまる?

クレジットカードを使うのは、ポイントを貯めるためという人も多いです。
法人カードはポイントがたまらないのでは?と思っている個人事業主も多いようです。
以前はポイントがたまらない法人カードは多かったのですか、現在はほとんどの法人カードでポイントがたまるようになっています。
ただライフカードビジネスのように、一部ポイント付与がない法人カードもあります。

法人カードでポイントを貯める方法

・ポイント還元率が高い法人カードを選ぶ
クレジットカードを選ぶときは、ポイント還元率を重視しているというケースは多いでしょう。
法人カードも還元率が高いものを選ぶと、ポイントがたまりやすくなります。
ただ法人カードは、とにかくポイント還元率が高い!というものはありません。
0.5%の還元率となることが多く、高くても1.0%程度となります。

・使う場所でのポイント還元率をチェックする
ポイント還元率が0.5%と一般的な法人カードでも、利用場所により還元率が上がる場合があります。
海外利用でポイント2倍になるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード は、海外出張が多い個人事業主におすすめです。
また楽天市場でポイントがアップする楽天プレミアムカードで発行できる楽天ビジネスカードは、楽天市場の利用が多い個人事業主におすすめの法人カードです。

・利用金額を高くする
法人カードのポイントは、利用しないと獲得することはできません。
とにかく使うことが、ポイントをためる近道となります。
現金決済ではなく、法人カードで決済をすることを習慣づけましょう。
クレジットカードが使えるところでは、法人カードを使うのがおすすめです。
ビジネスでの使用は個人よりも、利用金額が高くなる傾向にありまう。
なので法人カードを使っていたら、自然にポイントがたまっていた…という個人事業主も少なくはありません。
法人カードは利用限度額も高めの設定となっていますので、たくさん使ってポイントを貯めましょう。

法人カードでたまったポイントは、好きな商品と交換をしたり、支払いなどに使えたりします。
これは個人のクレジットカードと同様です。
経費にポイントを使えば、経費にもつながるでしょう。
ポイントの使いみちに困らないような法人カードを選ぶと、ポイントを有効的に使えます。
せっかくためたポイントなのに、交換したいものがない…となるのは残念すぎますよね。
ポイントを何に交換できるか、どうやって使えるかもチェックしておきましょう。

■年会費無料の個人事業主向け法人カードはある?

個人事業主が法人カードを発行するさい、気になるのは年会費ではないでしょうか。
法人カードの年会費って高くないのか?!と、心配する個人事業主は少なくはありません。

法人カードは年会費有料のものがほとんどです。
個人のクレジットカードのように、年会費無料の選択肢が多いとはなりません。
年会費の負担は多少覚悟しておいた方が良いでしょう。
ただ年会費がかかるから、個人事業主に法人カードがおすすめではないとはなりません。
年会費が有料でも、法人カードはおすすめです。

それは法人カードには、年会費以上のお得となるサービスが付帯しているからです。
出張が多い個人事業主におすすめなのは、国内旅行保険や海外旅行保険が付帯した法人カードです。
旅行保険が付帯していると、万が一のときに補償がされます。
個人事業主は自分が働けなくなってしまったら収入が途絶えることになりますので、しっかりとした補償がある法人カードを持っておくのは良いことです。

またフライトでの出張が多い個人事業主は、空港ラウンジ無料利用の付帯がある法人カードが良いでしょう。
ゴールドやプラチナクラスの法人カードに付帯するサービスです。
プライオリティパスが付帯する法人カードなら、世界中の空港ラウンジを利用できるようになります。

そして法人カードは、ポイントをためることができます。
年会費以上となるポイントがたまれば、それだけでお得となります。
たまったポイントを年会費に充てられる法人カードもあり、年会費の負担はそれほど気にならないことが多いでしょう。

法人カードの年会費は、とにかく高い!というものではありません。
1,000円程度とお手ごろな年会費の法人カードも多く、このくらいなら支払える個人事業主も多いのではないでしょうか。

法人カードには、永年年会費無料、条件付年会費無料のものもあります。
永年年会費無料法人カードは、どのような使い方をしても年会費が発生することはありません。
試しに法人カードを使ってみたい…なんていう、個人事業主にはおすすめでしょう。
条件付年会費無料法人カードは年に1回利用すれば年会費無料など、条件をクリアすると翌年度の年会費が無料となるシステムです。
あまり難しい条件は設定されていませんので、ほとんどの個人事業主が実質年会費無料で使うことができると思われます。
年会費無料の個人向けクレジットカードに慣れてしまい、法人カードに年会費をかけるのは抵抗がある個人事業主にはおすすめです。

■個人事業主でも法人カードの審査に通る?

法人カードは審査が厳しいといったイメージがあるようです。
規模も小さく年商も低い個人事業主では、法人カードの審査に通らないのでは?思っているケースもあります。

法人カードは個人事業主でも審査通過できます。
個人事業主だからという理由で、審査に落とされることはありません。
ただ審査は個人のクレジットカードより、厳しめになるこが多いとされています。
法人カードは利用限度額が高く、貸し倒れ時のリスクが大きくなります。
審査を慎重に行う必要があり、審査に時間をかける法人カードが多くなっています。
個人のクレジットカードに審査落ちしたことがなくても、法人カードの審査には落ちてしまった…という個人事業主もいるようです。

法人カードの審査に通りやすい個人事業主の特徴

・開業から3年以上
法人カードの審査通過率がぐんと上がるのが、開業から3年以上という条件です。
法人カードによっては申込基準に「原則として開業から3年以上」としていることもあります。

・2期以上の黒字経営
法人カードを発行できるのは、返済能力がある法人です。
赤字経営であると経営破たんのリスクがあり、法人カードを発行しても貸し倒れになるかもしれません。
安定した経営状況にある法人に発行したいので、1期ではなく2期以上の黒字を審査通過の条件としている法人カードが多いのです。

個人事業主にとっては、クリアするのはカンタンな条件ではないかもしれません。
経営が安定していても、書類上は赤字経営にしている…なんて個人事業主もいるでしょう。
ただ上記の条件を満たしていなくても、発行できる法人カードもあります。

個人事業主が比較的審査に通過しやすいとされているのが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード です。
開業から1年未満でも、発行できている個人事業主が多い法人カードです。
法人カードは通常法人としての返済能力があるか、信用できるのかが審査されます。
しかしアメックスビジネスゴールドは、法人ではなく経営者個人を審査を重視する法人カードと言われています。
個人に返済能力や信用があれば、開業間もなくても審査落ちしないのです。
クレヒスが良い個人事業主であれば、発行するのは難しくないでしょう。

法人カードは経理がしやすくなる、付帯サービスを使えるなどのメリットがあり、できるなら経営間もなくから持っておきたいものです。
開業間もない個人事業主には、一番おすすめの法人カードでしょう。

■設立間もない個人事業主でもOKの法人カードは?

法人カードの審査通過条件としてまず挙げられるのが、設立から3年以上経過しているか?です。
多くの法人カードは、設立3年未満だと審査通過できないとされています。
審査通過をしたいなら、3年待った方が良いとされているのです。

しかし個人事業主にとって、3年間は長いですよね。
設立間もなくても発行できる法人カードはないかと、探している個人事業主も少なくはありません。

設立間もなくても審査に通過した個人事業主が多い法人カードは、口コミなどで知ることができます。
独自に調べた結果、以下のような法人カードがおすすめとなりました。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
法人ではなく経営者個人を審査してくれる法人カードです。
設立間もない個人事業主でも、審査通過したケースが非常に多くなってします。
アメックスビジネスゴールドは、付帯サービスも充実しているのが特徴。
年会費は26,000円(税別)と高いのがネックでしょうか。

・楽天ビジネスカード
楽天プレミアムカードに追加発行する法人カードです。
プライベートは楽天プレミアムカードで、ビジネスには楽天ビジネスカードと、使い分けている個人事業主も多いです。
楽天カードの上位となる楽天プレミアムカードですが、審査は比較的柔軟に行われているようです。
個人事業主でも発行できているケースが多く、設立間もなくてもおすすめの法人カードです。
年会費は楽天プレミアムカードは10,000円(税別)、楽天ビジネスカードは2,000円(税別)で、合計12,000円となります。

これらの法人カードなら、設立間もない個人事業主でも絶対に発行できる!というわけではありません。
場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。

審査通過に必要なのは、経営者個人の優良なクレヒスです。
アメックスは過去に延滞や滞納を起こしていても、発行しやすいクレジットカードと言われています、
ただ現在も延滞や滞納をしている状態では、現在返済能力があるとはならないでしょう。
柔軟な審査を行っているクレジットカードでも審査通過はできなくなってしまいます。
キレイなクレヒスを作っていることが、設立間もなくでも法人カードを発行する近道となるでしょう。

また楽天プレミアムカードなら楽天カードを、アメックスビジネスゴールドならアメックスを、もともと個人用クレジットカードとして使っており利用状況が良いと発行しやすくなります。

あわせて読みたい